トラブルに対応

粘土でできた作業員

トイレの水漏れが起きた時の対処法

私達の生活では、毎日の用を足すためにトイレは欠かせない存在といえます。ですが、トイレは毎日頻繁に利用する場所なので、水漏れなどのトラブルが起きやすいです。トイレで水漏れが起きると、床に大量に水が溢れて下階まで影響を及ぼすこともあります。あるいは、汚水が充満して腐臭が漂います。トイレの水漏れの主な要因は、トイレで使用されている部品の経年劣化によるものです。たとえば、タンク内の細かい部品、タンクと便器を繋げているジョイント部分などの劣化によるものです。トイレで水漏れが起きた時、まずやることは水道の止水栓を止めることです。元栓をとめることで、これ以上の水漏れを防ぐことができます。そして、早めに専門の業者に修理を依頼することが大事です。

業者を選ぶ時のポイントとは

水漏れの修理を依頼するときには、注意点があります。それは、きちんとした業者に頼まないと、法外なお金を請求されることがあることです。きちんとした業者を選ぶポイントは、まず価格設定に注目することです。そもそも修理にかかる費用は、スタッフが原因を調査して初めて明らかになるものです。なぜなら、水漏れの状況によって、どのような修理・作業が必要なのか決定されるからです。なので、最初から固定料金を提示している場合は、信用できません。修理後に理由をつけて、修理金額を上乗せされる可能性があります。業者を選ぶ際には、作業前に修理内容、金額の説明をしてくれるところを選ぶ必要があります。きしんと行なわれない場合、あとから高額請求をされてしまいます。