慎重に選ぶ

古びたドアの取手部分

工務店は地元で評判の良いところを選ぶ事が重要

現在は素敵なデザインの住宅が増えていますが、住宅を建てる場合は工務店かハウスメーカーに依頼する事になるのです。ですが工務店もハウスメーカーもそれぞれ特徴があり、どちらで住宅を建てる方が良いのか迷う人も多いのです。そのためここでは工務店で建てる事によるメリットと、工務店で建てる時にしっておきたいポイントを紹介していきます。 まず工務店で住宅を建てる最大のメリットは、工事に信頼がおけるという事です。工務店は地元に根ざして営業をやっている事が多く、地元で悪い評判がでるのを極端に嫌っているのです。そのため住宅工事に関しては、手抜きをする事が少ないのです。また大工を直接雇っている工務店も多く、施工技術が高いというメリットがあるのです。

施工技術も高い事が多い

ハウスメーカーの場合は、工事の現場管理者が下請け業者の場合が多いのですが、工務店の場合は現場監督は社員の事が多いのです。そのため責任があり、色々な業者に指示をしっかりする傾向が高いのです。また小回りが効くというメリットもあるのです。工事中でも施主の注文をよく聞いてくれ、棟梁にこうしてほしいと頼むとやってくれる事も多いのです。 また費用も安くなる事が多いのです。ハウスメーカーは宣伝費や営業に多額の費用を投入しているため、どうしても工事費用が高くなりがちですが、工務店は宣伝に力を入れてない代わりに、安い予算で住宅を建てられる事が多いのです。またアフターサービスも良い事が多く、地元で信頼されていきたいという熱い熱意を感じる事ができるのです。